脇汗の原因って何?なぜ脇汗を大量にかいてしまうのか

人間の脇は、体の部位の中ででも汗腺がたくさん集中しているため、身体の中でも汗をかきやすい場所なのです。
脇汗は、気温が高い日(ちょっと暑いと感じる日)や運動した後は、生理現象として体温調整するために汗腺から大量に汗が出てきます。
それ以外にでも、たくさんの人の前で話す場面や、はじめての人や異性の人などと話す時など、緊張や不安などのストレスを感じると自律神経の中の交感神経が過剰に働いてしまい、脇汗が出てきます。
また、脇汗は汗だけではなく、臭いを発してしまうこともあります。
脇汗にある汗腺には、エクリン腺とアポクリン腺とがあります。気温の高い日や運動した後に出てくる汗は、体温調整をしようとエクリン腺からサラッとした汗が出ます。
アポクリン腺は、緊張状態や不安などのストレスを感じるとアポクリン腺から粘りがあるような汗が排出されます。アポクリン腺は脇以外にも、デリケート部分や耳の穴などに存在します。
ここまで、双方とも似たような働きをするのですが、アポクリン腺は毛穴から汗を排出するため、たんぱく質や脂質、アンモニアなども一緒に排出します。
そして、汗や皮脂が皮膚があることで細菌が繁殖し、分解されることで臭いを発してきます。
暑い時や運動した時に出る汗は、それほど臭いも強くはないですが、仕事や発表会などで緊張やストレスと感じる場面が多い人の汗は、臭いも発する可能性もありますので、注意が必要です。

 

脇汗を止める!おすすめ制汗剤